創立40周年記念式典 第2部(記念講演)

記念式典に続き、第2部は写真家の松本紀生さんによる「アラスカぼうけん記」の講演会がありました。

最初に、この日のためにPTA役員がカーテンの暗幕を縫い直してくれたことに対するお礼を言ってくださりました。館内が真っ暗になると出席者から拍手が起こりました。

CIMG8238CIMG8248

講師の松本紀生さんは1972年松山市生まれ。1年の約半分をアラスカで過ごしています。
アラスカの誰もいない場所でしかも、暖房も電気もガスもない、-40度の中、冬はかまくらを作ってキャンプをしています。寒さがよくわかる実験の写真を見せてくれました。

CIMG8252CIMG8254
雪を溶かして沸騰させてお湯を作り、その出来上がったお湯を空にほおり投げたら、一瞬に霧状の氷の粒に変わりました。この日の気温は-30度。そんな場所でかまくらを作って一人でキャンプしているとのこと。アラスカは星がたくさん見え、流れ星が数えきれないくらい流れているとても素敵なところだそうです。

CIMG8257

アラスカの面積は日本の約4倍。春のアラスカの夜は太陽が沈まない白夜で、月明かりで文庫本の小さな文字も読むことができます。テントの周りには電気を通す電線を張り、そのテントの周りにはオオカミが近寄ってくることもあります。松本さんがオオカミの鳴き真似をするとオオカミも鳴き返してくれる動画を見せてくれました。無人島の小さな島で1か月から2か月くらい生活をします。

CIMG8262CIMG8266

食事は大量のスパゲティを持参していて、毎食スパゲティ。何年も毎日同じものを食べてるとさすがに飽きてきたので、今はお米を鍋に入れ、乾燥して潰した豆を混ぜて煮て、日本から持ってきたふりかけで味付けをして食べるそうです。何種類かのふりかけを使い分け、違う味を楽しんでいるそうです。

CIMG8273
天気の良い日はゴムボートを膨らませて、エンジンを付けて運転し、気分転換に無人島から遠く離れた海にクジラの写真を撮りに行きます。いろんな動物に出会い、シャチにも出会いました。
夏のアラスカにはクジラがたくさんいて、ザトウクジラは体長15メートル、約40トンもあり、群れになって泳いでいます。クジラがボートの方に向かって来たら、ぶつからないようにボートを叩きます。ボートを叩いていなかったら、クジラがぶつかってくる可能性があるのだそうです。こんな大きなクジラを目の前で見ると本当に嬉しくて、ドキドキワクワクすると語ってくれました。

CIMG8260CIMG8274

鮭がたくさんいる場所にはヒグマもたくさん生息しています。普通、ヒグマは人間を攻撃しませんが、人間とばったり出会い驚くと襲って来ることがあるそうです。そこで、ヒグマの写真を撮るときだけ松本さんはアラスカのガイドさんを雇います。
このガイドさんは、ライフルや銃を持ち歩かず、ヒグマの顔や体の動きをよく観察して、クマのメッセージを伝えてくれます。そのお陰でクマのものすごく近くに行って写真を撮ることができます。万が一の時のためにクマ除けのスプレーや発煙筒も持っていますが、24年間、1回も使ったことはないそうです。

CIMG8269CIMG8259

冬のアラスカではオーロラが出てくるのをじっと待っています。真ん中が赤色のオーロラはものすごく珍しく、今まで2回しか撮れていないそうです。特別にと写真を見せてくれました。
北アメリカ大陸で一番高い山デナリ。6200メートルのこの山の上の空を全部オーロラが埋め尽くすこともあるそうです。
飛行機に乗せてもらって50日分の荷物を降ろし、そこで2日間かけてかまくらを作って、50日間1人でキャンプをします。

CIMG8286CIMG8283

かまくらの中はろうそくの光だけで明るく、本も読めます。本も読み尽くしてやることがないな~、退屈だな~と思うと雪だるまの友達を作るそうです。可愛いお友達ですね。

CIMG8289
キャンプも終わりに近づくと、やらなければいけないことがあります。雪を足で踏み固め、飛行機の滑走路を作ります。何日も何日もかけて自分で作ります。
オーロラを撮るためにかまくらを作って一人でキャンプをし、誰もいない所で、-40度の中、毎日同じものを食べながら、吹雪に見舞われたりしながら写真を撮っている松本さんを「松本さんって凄いな~。ものすごく気持ちが強い、精神力を持ってる人なんだろうな~。」と思っている方もいるようです。それに対して松本さんは「僕はそんな強い精神力や気持ちを持った人間じゃない。」
では何故、アラスカで一人でキャンプをしていても寂しくないのか?誰もいない所でキャンプが出来るか?

「それは自分の好きなことをやっているから。自分がアラスカに行きたくて行ってる。アラスカが好きで写真を撮りたくて行ってるから、自分がやりたいことをやってるから、みんなから見て大変なことも大変だとは思わない。好きなことをやってると、自分が知らなかったような力がどんどん湧き起こってきて、自分を支えてくれる。自分を元気づけてくれる。好きなことをやってると、あぁ~楽しいな!生きてて良かったな~!写真を撮ってて良かったな~!と思える。」と語ってくれました。

松本さんは子供たちに「皆さん、将来の夢はありますか?」と問いかけ、「夢がある人やこれがやりたいと分かっている人は、それを諦めずに一生懸命頑張ってください。好きなことをやれるというのは本当に幸せなこと。他の人から見て大変そうだなと思っても、好きなことやってる本人はあぁ~楽しいな!生きてて良かったな~!幸せだな~と思えるんです。僕は今、そう思えています。」

「将来やりたいことがあったら、それが出来るように一生懸命頑張ってください。」と講演を締めくくりました。

CIMG8293

最後に夜空を舞うオーロラの写真や動画をたくさん上映してくれました。
とても幻想的で美しい写真が映されるたびに、児童からは歓声と拍手が沸き起こりました。

CIMG8302CIMG8305CIMG8306
CIMG8301

講演の最後に児童からたくさん質問の手が挙がりました。

「今まで一番大変だったことは何ですか?」

「オーロラはどうやったらできるんですか?」

「かまくらの雪が溶けるにはどれくらいかかりますか?」

「アラスカにはじめて行った時、困ったことはありましたか?」

「体調不良になったらどうするんですか?」

「暇な時は何をしますか?」

「今まで撮るのが一番難しかった動物は?」

「オーロラで意外に思った色は何色ですか?」等の質問や、

「僕も本物のオーロラを生で見てみたいと思いました。」などの感想が聞かれました。

CIMG8314CIMG8322CIMG8329

最後にPTA副会長から御礼の言葉があり、記念講演の幕を閉じました。

CIMG8340

とてもすばらしい講演会で、一つ一つの写真や動画に子供たちの笑い声や歓声・拍手が起こり、保護者も感動しました。松本さん、すばらしい講演をありがとうございました。

創立40周年記念式典 第1部(式典の部)

11月17日(土) 創立40周年の記念式典と記念講演が開催されました。
体育館には3年生から6年生の児童・先生方をはじめ、御来賓の方々、地域の皆様、沢山の保護者も出席していました。
CIMG8233CIMG8032
式のオープニングは水軍太鼓クラブによる演目「勝ち鬨」です。
CIMG8047CIMG8044

開会のことばに続き、PTA会長のあいさつがありました。
PTA会長は30年前の創立10周年の時の卒業生だそうで、当時の思い出話をされていました。こうして40周年の節目を迎えられるのも、地域の皆様のお陰だと御礼を申し上げ、「児童の皆さんは今日一日楽しんでください。」との話がありました。

CIMG8057
続いては、校長先生のあいさつです。
校長先生の知人が本校の卒業生で、校歌がとても素敵で今でも大好き、誇りに思える校歌だと言われていたそうです。「愛・健・智」が盛り込まれた美しい歌詞に元気が漲るようなメロディー。6年間歌い続けるこの校歌は子供たちの心を豊かにするだろうと話されていました。

「校庭には玄関前のソテツをはじめ、様々な樹木が育っていて、季節の移り変わりを子供たちは肌で感じることが出来ること、このようなすばらしい伝統や環境は子供たちの心と体の健やかな成長を促してきたことと思います。『愛・健・智 光り輝け東っ子』のスローガンの元、教職員が一丸となり、そして保護者・地域の皆様と共に本校の子供たちの教育に尚一層の努力を捧げて参りたいと思います。」と、あいさつを締めくくりました。
CIMG8075
続いて、来賓代表として第十代の校長先生より御祝辞を頂きました。
平成5・6・7年、そして平成21・22・23年の2回にわたり、石井東小学校に勤められたそうで、本校には特別な愛着があるそうです。定年して7年目になるのに、未だに夢で石井東小学校の風景が蘇ってくるというお話をされました。

早春に駐車場に白い花びらを敷き詰める木蓮の木。
初夏にはプールで独特の香りを放つ山桃。
秋には形の変わった実がなる渋柿。
冬には西門の橙。いろいろな木が蘇ってきて、その後に子供たちの元気な声と明るい笑顔で心の中がいっぱいになるそうです。
まるで植物園のような学校の環境が卒業していく児童の心に大きな影響を及ぼしたのではないかと話され、「ネムの木やアコウの木など、珍しい木がたくさんある学校は珍しく、そういう貴重な学校に皆さんはいるのです。校訓の『やさしく、強く、考える』ことが50周年60周年とこれからもずっと刻んでいくことを祈念して止みません。」と祝辞を終えました。

CIMG8085
続いてPTAより、本と本棚の記念品授与がありました。
ありがとうございますと代表児童がしっかりと受け取りました。

CIMG8091

その後、代表児童から「すばらしい石井東小学校を目指して」と題して、あいさつがありました。この記念すべき年に最高学年として、ここにいることをとても嬉しく思いますとあいさつが始まり、「この40年の間には親子で石井東小学校に通ったという人もいることでしょう。僕の父もここの卒業生です。父は今も校歌を覚えていて、僕と一緒に歌うことが出来ます。」と話してくれました。

そして、この伝統ある石井東小学校をより良い学校にしていこうと運営委員として様々な活動に取り組んでいること、その一つにあいさつ運動があり、「学校でしっかりと挨拶が出来る人は、きっと地域の人たちにも気持ちの良い挨拶が出来ると思うし、そんな人が増えると校区全体が元気になると思います。学校内だけでなく、地域全体に広がって欲しいと願いながら活動しています。」と話しました。

「日々、大切なことを教えてくださる先生方。登下校の安全を見守ってくださる地域の方。僕たちの活躍を応援してくださっている卒業生の皆さんなど、僕の気づいていない所で支えてくださっている方がまだまだ居ると思います。
僕たちが不自由なく学校生活を送れるのは僕たちを支え、見守ってくださる多くの方々に感謝の気持ちを持ち続けるのは勿論ですが、何よりの恩返しは僕たちがこの石井東小学校をさらにすばらしい学校にしていくことだと語り、50年、100年、そしてもっともっと続いていく石井東小学校をすばらしい学校にしていくためにこれからも僕たちに出来ることを考え、実践していこうと思います。」とあいさつをしました。

CIMG8106CIMG8114

続いて、東石井獅子舞保存会の皆さんによるお祝いの獅子舞が披露されました。
東石井獅子舞保存会は石井地区で唯一、大人獅子が残っている保存会で当日は大人獅子と子供獅子の二体での披露でした。

CIMG8133CIMG8139CIMG8147

次に創立40周年を記念して児童からアイデアを募集し、選ばれたキャラクター「そてっしー」を発案者の6年生児童が紹介してくれました。

CIMG8152

校庭にあるソテツから誕生。
今から40年前の昭和54年に今のJR、昔の国鉄から譲り受けたそうです。
男子でも女子でもありません。そてっしーです。
一番のセールスポイントは尖った元気な頭の葉っぱです。
算数と国語が大の苦手。でも家では自主学習や宿題を頑張っています。
歌って踊るのは大好きで、特にダンスはキレッキレ。
かけっこは大の苦手。三学期のマラソン大会、どうしよう~。
学校で一番幸せな時間は給食の時間。
今まで残したことは一度もありません。一番大好きな食べ物は唐揚げです。
私は運動会で踊ったり、音楽集会で歌ったりすることが大好きです。
全校の皆さん、これからずっと私と仲良くしてくださいね。
そして、石井東小学校を一緒に盛り上げていきましょう。と、そてっしーを紹介してくれました。

CIMG8158
次に5年生が「地球星歌」、6年生が「ふるさと」をそれぞれ合唱しました。

CIMG8198 CIMG8173CIMG8203CIMG8208CIMG8211

最後に児童全員で校歌を歌い、記念式典の第一部が終了し、第二部の記念講演へと続きました。

CIMG8225

CIMG8227

講演会「幸せになるために だれもが生まれてきた」~みんなで助け合い、みんなが幸せになろう~

10月24日(水)、人権教育参観の後、人権講演会がありました。三年生から六年生まで、みんな静かに聞いていました。
講師は社会福祉法人あゆみ学園多機能型事務所あゆみ施設長の喜安勝也さん。演題は『「幸せになるために だれもが生まれてきた」~みんなで助け合い、みんなが幸せになろう~』でした。

sdr

NPO法人アジアキッズケアでは、アジアやアフリカの困っている子供たちのために、「子供の命を守る」ための支援活動をしています。’04より活動をスタートし、13ヶ国に現地協力者と連携して支援物資を送っています。ボランティアの方々が参加してくれていますが、毎年増えているそうです。参加者は、留学生・小中高大学生、社会人ととても幅広く、国際交流もしていると聞き、とても驚きました。支援物資は、洋服だけじゃなく、トランプや楽器などもあるそうです。不用品は送らず、自分が貰って嬉しいものを送っているとのことで、特に鍵盤ハーモニカやリコーダーは、電池や電気のないところでも使えることから大人気だそうです。私たちの生活は、見たい時にテレビをつけ、蛇口をひねれば飲める水が出る。電気や水道が通っているのが当たり前になっています。日ごろから感謝しなくてはと改めて思います。
喜安さんのお話には、貧困で困っている世界中の子供たちが笑って学校に行き、みんな幸せになってもらいたいという願いが込められていました。

『東っ子祭』食券の前売り券・ゲーム券 回収

10月15日(月)・16日(火) 午前7時30分~8時00分に

東っ子祭の食券前売り券・ゲーム券の申込みの回収が行われました。

DSCN0033 DSCN0023

たくさんの子供たちが登校してくる中を北校舎・南校舎の靴箱前で

PTA本部役員・学校教育部役員が封筒を回収しました。

名前の記入など書き忘れがないか確認しながら預かります。

 

DSCN0056

登校終了後、PTA役員と行事係の保護者で食券の申込みの封筒を学年とクラス別に分けて金額や名前を確認します。

みなさん手際よく作業され回収作業は無事に終わりました。

DSCN0051

DSCN0055

【PTA・ベルマーク委員会からのお願い】

封筒には名前・クラス・出席番号・ゲーム券の回数・食券の個数を忘れずに記入してください。

食券やベルマークの封筒はテープやホッチキス等で封をしてください。

ランドセルから取り出すときにこぼれてしまう子供さんが何人かいました。

ゲーム券は申込み時の封筒に入れて再利用して返却します。

のり付けで止めると開封作業に時間がかかる為 はがしやすいマスキングテープや

ホッチキスで(2・3か所)止めて頂けるとありがたいですとのことでした。

今年もご協力ありがとうございました。

東っ子祭実行委員会

 

平成30年9月28日(金) 10:30から、多目的室で東っ子祭実行委員会が開かれました。集まったのは、PTA本部役員、PTA専門部委員、スポーツ少年団保護者、おやじの会のメンバーです。

PTA本部役員から資料が配布され、前日の準備や当日の流れについて説明がありました。

higashikkosaijikkouiinkai

 

出店内容や準備物、前日準備や当日搬入について

  • 出店内容、準備物の確認
  • 本年度は体育館で40周年記念式典が開催されるため、周辺での準備作業は出来るだけ静かにする。
  • 毎年、かなりの落し物があるので、必ず荷物は手元に持っておくよう声掛けをする。

などいくつかの注意事項もありました。

また本年度は40周年記念式典があるため、うどん、フランクフルト、おにぎりの代わりに焼きそばが販売されることになりました。おやじの会では焼き芋が追加販売されるそうです。

体育館・中庭配置図、食券引き換えについて

  • 体育館、中庭、北校舎の配置についての説明
  • 当日、東っ子祭のお手伝いをする役員は食券の引き換えを事前に済ませるために、各部のリーダーが個数を取りまとめて申し込む。
  • 食品に触れる役員は当日の本人・家族の健康観察記録表の提出し、何らかの症状がある人は食品に触れないようにする。

などの説明がありました。

 

前日準備、当日の流れの説明の後、意見や質問が求められました。

 

  • 例年は授業参観後に東っ子祭が開催されていたが、今年は、40周年記念式典になるため、保護者の参加人数が大きく変わるのではとの質問があり、これには事前の食券販売で、ある程度参加人数がわかるので参考になるのではとのことでした。

 

  • また、おやじの会から、昨年、ポテトが売り切れてしまい、ゲームを出店していた6年生が買えなくて可哀そうだったという話がでました。話し合いの結果、6年生専用の列を作ってもいいのではないかということになりました。これは、他の部でも検討して下さいとのことでした。

 

質問の後、解散となりましたが、各部でそのまま話し合いは行われていました。

 

皆が楽しみにしている東っ子祭。細かなところまで計画、準備され、より良いものにしようと積極的に話し合われていました。

今年も盛り上がりそうです。楽しみですね。

 


西日本豪雨義援金ご協力ありがとうございました。

7月19日(木)登校時に本部役員、ボランティア委員会の児童たちが校門前で募金活動を行いました。皆様のご協力で集まった義援金129,255円は、県PTA連合会を通じて県内の被災地へ届けられます。心温まるご支援ご協力ありがとうございました。

 

第2回坊っちゃん学習「手作りアロマ講座」

平成30年9月11日(火)に、第2回坊っちゃん学習が開催されました。
秋らしいすがすがしいお天気の中、20数名の参加がありました。今回は、アミー・アロマ認定アドバイザーのjumelles(ジュメル)先生をお迎えして、身体に優しいデオドラントスプレーを手作りしました。

dav

美肌に良いというお茶をいただきながら、精油についてのお話を聞きました。今回は、用意された9種類の精油の中から3つ選んでスプレーを作るということで、みなさんどれにしようかととても迷っていました(^0^)

dav

出来上がったスプレーがとてもいい香り(^^)みなさんの好みの香りになったかな。先生のお話にあった、やけどや花粉症に効くという精油の話も、今後の参考にしたいですね。あっという間のとても楽しい二時間でした。

図書館ボランティア ぽぽたん

・日時:7月10日(火) 13:05~
・場所:多目的室

今年度、3回目です。
5月・6月は、絵本でした。
パネルシアターは、今年度初めてです。
popotan_01
昼休みのチャイムとともに子供たちが、教室いっぱいになるぐらい
集まってくれました。
今回のぽぽたんは、パネルシアターとクイズが行われました。
パネルシアターは、『海の水はなぜからい』というお話です。
paneru_02
臨場感あふれるパネルシアター!
お話が始まると、食い入るように聞いていました。

・石臼挽きの音
ishiusu_03
・水中の音
suicyu_04
工夫されてます♪
台本も生徒達により分かりやすく伝わるように、その都度手を加えて、
書き換えられているようです。

お話が終わると、参加してくれた子供たちにシールが配られます。
shi-ru_06
~子供たちからメッセージ~
「また今度、絶対来るからね~」
「楽しかった~」

保護者ボランティアの皆様、楽しいひとときをありがとうございました!

町別児童会

7月6日、町別児童会が行われました。
登校班単位で集まり、各町の子供会からのお知らせを聞いたり、登校の様子について話合いを行ったりします。

今回は、社会教育部より「まもるくんの家」「危険箇所表示」「ストップマーク」などの説明、子供会から夏休みのラジオ体操などについてのお知らせがありました。

DSC_2052ss

☆まもるくんの家☆
不審者などに遭遇したときに、駆け込んで助けを求めることのできるお宅です。

 

 

 

DSC_2051ss

☆危険箇所表示☆
水路などの危険箇所に表示されています。その近辺では遊ばないようにしましょう。

 

 

 

DSC_2050ss

☆ストップマーク☆
特に確認が必要な交差点などについています。必ず停まって、安全を確認してから進みましょう。

 

 

 

ラジオ体操は子供だけで集合することも多いため、行き帰りの交通には注意してください。

お知らせ内容については、6年生が板書して、それぞれメモして帰ります。
DSC_2049ss

その後、一学期の登校の様子について、班ごとに集まって反省会を行いました。
また、先生からは、遊びに行く公園などで、交通事故が起こりやすい場所や、大雨が降った場合についてのお話がありました。

それぞれの町に合わせた注意喚起をしてくださっているので、子供たちも自分のこととして受け止めていました。登校班は、身近で一番小さな地域のつながりとなるため、定期的にこういった話合いの機会があるのはありがたいと思いました。

社会教育部さん、子供会の皆さん、先生方、ありがとうございました。

平成30年度 地区別懇談会

6月22日に、各町の公民館において、地区別懇談会が実施されました。
今年度は、越智町の様子を取材させていただきました。

今年度のテーマは「町内会を知ろう!」。
小学校社会教育部、保護者のほか、町内会役員・民生委員・改良区・育てる会の皆様にご参加いただき、それぞれの活動内容などについて情報を共有していただきました。

DSC_1977s

【学校からのお知らせ】
◆夏休み算数教室 ボランティアの募集について
◆校内での交通事故事例について
H29,30年度には、校区内で5件の事故が発生しています。
DSC_2071s
ヘルメットの着用率は上がっているが、100%ではありません。ご家庭の協力をお願いします。
特に、自転車教室を受ける前の1,2年生は一人での運転は危険です。

◆地震について
学校の壁については市から点検が入ります。通学路上の壁については学校では把握できないため、気になるところがあれば情報提供をお願いします。

【PTAからのお知らせ】
◆まもるくんの家、危険箇所表示、ストップマークについて
子供たちの安全を守る取組みです。
それぞれのマークについては、7月6日の町別児童会で、子供たちへも説明をしています。通学路上やご近所のマークのある場所について、親子でぜひ確認してみてください。DSC_2052ssDSC_2051ssDSC_2050ss

◆旗当番について
表を必ず確認して、時間を守って来てください。
◆児童を守り育てる日について
今年度は7月5日、11月5日の予定です。下校の様子を見守ってあげてください。

 

最後に、町内会について教えていただきました。

【町内の組織について】
越智町内会の組織としては
子供会・スポレク部・福祉部(災害時に要救護者の援助をする)
があります。

また、その他の町内の役職との連帯をはかるため、分館運営委員会という会合を開いているそうです。
参加される方は、本日もご参加いただいた民生委員、改良区の方のほか、防災士・公園管理委員会・交通指導員・高齢クラブ・おちサロンなど多岐に渡ります。
民生委員の方は独居高齢者の方への訪問、改良区の方は水路の管理や改良などを行ってくださっているそうです。
住みよく安全なまちにするために、それぞれに役割分担して、町内運営をされている様子を伺いました。

また、町内会の組織ではありませんが、石井東小学校育てる会という組織があります。
こちらは、各町の代表の方が集まって、地域と学校をつなぐ役割をして下さっています。
子供たちが健やかに安全に育つよう、様々な方に見守られていることがわかりました。

【安全対策について】
防犯対策として、防犯灯や防犯カメラの設置。
災害対策として、水路や壁の点検、土嚢や防災用品の備蓄などを町として行っているそうです。学校からお話のあったブロック塀についても、町内の主な場所についてはマップ化されているとのことでした。

また、子供たちの安全対策として、PTAの旗当番と同様に、朝の交通見守りを毎日3人ずつ行ってくださっています。

【町内会からのお知らせ】
◆田んぼの水路の柵を、子供がいたずらで外してしまうことがある。水量を調節する大切なものなので、さわらないように注意してほしい。
◆安全面で気になる部分があれば、町内会へ情報提供してください
◆夏祭りなど町内の行事は、同じ地域に暮らす者同士、顔を知る機会としても積極的に参加してください

普段意識することのない様々な設備も、たくさんの方のご協力で維持管理されていること、また、多くの目で子供たちを見守っていただいていることを実感できました。
皆様ありがとうございました。

第2回ベルマーク集計作業

日時:6月25日 月曜日 10:00~
場所:多目的室

ベルマーク委員による、第2回ベルマーク集計作業が行われました。

012

たくさん集まってきたベルマークを、企業の番号ごとに仕分けます。

002

016

仕分けの済んだベルマークを企業ごとのケースに入れてまとめます。

019

企業ごとに分けたベルマークは、余白を切り、テープで貼ったりホッチキスで留めたりして整理します。
同じ企業のベルマークでも、点数が異なるものは点数ごとに分けていくので、細かい作業が続きます。

026031

最後に集計をして、提出用封筒に記入していきます。

2回目の集計だったので、1回目のものと合わせての集計となり大変な作業でしたが、委員の皆さんは協力して手際よく進めていました。

033

【 ベルマーク委員からのお願いとお知らせ 】

ベルマークと同時にインクカートリッジの回収も行っていますが、純正以外のものは回収の対象になりませんので、ご家庭であらかじめご確認の上、提出をお願いします。
古くて今では使えないベルマークを出されていることが多いです。今年度版のベルマーク一覧表を見て、該当するものの提出をお願いします。
また、砂糖の袋についているベルマークは、砂糖が付いて残っていると、溶けて他のものとくっついてしまうので、軽く洗い流して出してもらえると助かります。
ベルマークとインクカートリッジは、東っ子祭の時にゲーム券と交換できますので、頑張って集めてみてください。

ベルマークのついている商品は、意外に数多くありますので、ご家庭でも子供と一緒に探してみてはいかがでしょうか。今後もベルマーク運動へのご協力をよろしくお願いします。